工場の求人についての情報

工場の求人に応募する時に真っ先に気にしなければいけないのが、それが食品関係系なのか自動車関係系なのかということです。


食品関係系は比較的無口で真面目なタイプが多いです。

逆自動車関係系のところは、ちょっとヤンキーが入っている人の割合が多くなっています。


ちなみに外国人はどちらの工場にもいます。


そうした仕事場での雰囲気を形作る人なりをしっかり把握していることが大切です。
合わない職場と合わない人間関係は、仕事を続ける上での一番の敵です。

求人に応募する前に、自分が食品関係系に向いているのか自動車関係系に向いているのか、しっかりと把握しておいた方がいいです。
自分とは違うタイプの工場に求人応募してしまうと大変なことになりますし、直ぐに辞める原因にもなります。

また、どちらの工場にも無言で黙々と作業をしなければいけないシーンは必ず出てきますので、そうしたシーンが向いているという人しか求人の応募はしない方がいいです。


わいわいと喋りながら仕事をしている工場もなくはないのですが、多くの場合は、黙々と作業を熟して、作業をしていない部分があったら怒鳴られて、また黙々と作業をするという形になっています。そこら辺の教育は食品関係系は緩くてなかなか怒られないのが現状になっています。



自分の望む求人に応募できるかどうかはその現場次第なのでわかりません。



しかし、食品関係系と自動車関係系の二つのものの比較についてはしっかりとしておいた方が円滑に物事を進められます。